オンラインブック せかい童話図書館
三びきのこぶた

表紙
三びきのこぶた
●イギリスむかしばなし

「三びきのこぶた」について

「三匹のこぶた」は、イギリスの代表的な民話のひとつです。イギリスの民話研究家であったジョーセフ・ジェイコブス、ジョージ・ダグラス、アンドルー・ラングといった人たちは、民話を再録したことで知られています。なかでも、ジョーセフ・ジェイコブスの業績は忘れてはならないものです。
 
 ジェイコブスは、1854年にオーストラリアに生まれ、その生涯の大部分をイギリスで過ごしました。彼が1890年と1894年に出版した2冊の『イギリス民話集』は、イングランド(大ブリテン島の南部地方)の民話の核をなすものとして高く評価されています。さらに、ジェイコブスの死後26年経った1942年、彼の2冊87編の民話から60編を選んで1冊にした民話集が出版されるにいたり、巷間に流布したのです。
 
 さて、「三匹のこぶた」の話は、腹黒い狼と、か弱いこれから社会に出ようとするこぶたとの知恵合戦ともいうべきものです。1番目と2番目のこぶたはそれぞれ、麦藁と薪という安直な材料でみるまに家を造ってしまいますが、3番目のこぶたは、手間のかかるレンガを選んで頑丈な家を建てます。結果は本文のとおり、2匹のこぶたは狼に食べられてしまいます。次は3番目のこぶたの番です。こぶたは狼に甘い言葉で誘惑されますが、その都度知恵を働かせて苦難を逃れ、ついには狼を煮て食べてしまうという痛快な話です。これは、勇猛なノルマン民族の侵入で生活を脅かされていた時代の、イングランドの人々の心情を反映した話ともいえましょう。

 ところが、日本で紹介されている本のなかに、こぶたが狼に食べられるのは残酷すぎるとして、狼と仲直りするといった原話を著しく歪めた改作が多いのは残念なことです。

(白川千鶴子)

ぶん:しらかわ ちづこ
え:ひらの ていいち
画材:石こう・透明水彩
編集プロデュース:酒井義夫

 
すすむ