オンラインブック せかい伝記図書館 巻末小伝
(4)

コルテス(1485−1547)と
 ピサロ(1475ころー1541)

コルテス(1485−1547)と ピサロ(1475ころー1541)1492年にコロンブスがアメリカ大陸を発見して、27年ののち、見知らぬ土地の征服を夢見た34歳のエルナン・コルテスが、この新大陸へ渡りました。

コルテスは、1485年スペインに生まれ、大学を卒業すると探検にあこがれて大西洋を越え、カリブ海に浮かぶスペイン領のキューバ島へやってきました。1519年、キューバの長官ベラスケスの命令をうけて、新大陸探検のために500人あまりの兵をひきいたコルテスが、メキシコへ上陸しました。

ところが、メキシコに栄えていたアステカ帝国に、たくさんの財宝があることを知ったコルテスは、その帝国を、自分の力で征服してしまおうと考えたのです。そして、ベラスケスの探検の命令にはそっぽをむき、スペイン国王に手紙をおくると自分が遠征軍の総司令官を名のって、兵を進めました。

キューバからは、命令にそむいたコルテスをとらえるために、ベラスケスがはけんしたスペイン軍が追ってきました。

しかしコルテスは、このスペイン軍との戦いにも、また、原住民のインディオとの戦いにも勝利をおさめ、1521年、アステカ帝国をほろぼしてしまいました。

コルテスは、36歳でメキシコの支配者になりました。でも、そのごのメキシコは、スペイン国王がつかわした役人たちによってとりしまられるようになり、力を失ったコルテスはスペイン本国へ帰って、1547年に62歳の生涯をさみしく終わりました。

コルテスより少しおくれて、やはりアメリカ大陸に黄金をもとめてのり込んだスペイン人が、もうひとりいました。1475年ころ生まれて貧しい少年時代をすごし、いつも探検にあこがれていたフランシスコ・ピサロです。

ピサロは、1531年に180人の兵をしたがえ、南アメリカ大陸で15世紀の中ごろから栄えていたインカ帝国へ侵入しました。そして、平和な話しあいにやってきた皇帝をとらえると、けらいたちをみな殺しにし、やがては皇帝も死刑にしてしまいました。

1535年にインカを征服したピサロは、のぞみどおりに黄金を手に入れました。しかし、それから6年ののち、こんどは自分が、あっけなく、なかまに殺されてしまいました。

高い文明をほこったアステカとインカは、こうしてすがたを消し、そののちおよそ300年のあいだ、植民地としてスペインに支配されることになってしまったのです。コルテスもピサロも、いちどは富と名誉を自分のものにすることはできましたが、けっきょくは、人生の勝利者になる夢は果たせませんでした。


もどる
すすむ