オンラインブック せかい伝記図書館 巻末小伝
(4)

スレイマン(1494−1566)

スレイマン(1494−1566)1923年に共和国となったトルコは、それ以前は国の名をオスマン帝国とよんでいました。1299年にオスマンという人によって建国された国だったからです。

スレイマンは、そのオスマン帝国の、第10代めの帝王です。1494年に黒海のほとりで生まれ、26歳のときに父のあとをついで、このイスラム教国家の支配者になりました。

「キリスト教の国ぐにに負けない、大帝国をきずくのだ」

世界征服の夢をいだいていたスレイマンは、帝王になったつぎの年から、はやくも大軍をひきいてヨーロッパへの遠征を始めました。そして、40数年のあいだに13回もの遠征をくり返し、領土を広げていきました。

まず初めにベオグラード、ロードス島を手中におさめ、そのごハンガリー王国の都市をせめ落とし、オーストリアの首都ウィーンにも進入して、ヨーロッパの国ぐにをおそれさせました。

スレイマンの軍隊は、活躍をつづけ海上の戦いでも、帝国の名をとどろかせました。

「貿易を活発にするためには、海も征服しなければならない」

強力な艦隊をつくりあげたスレイマンは、地中海の大海賊バルバロスを司令官に任命しました。そして、アドリア海で大海戦をくり広げてヨーロッパの国ぐにの艦隊をやぶり、オスマン帝国を囲む海のすべてを自分のもののようにしてしまいました。そのうえ、地中海に浮かぶ島じまも攻げきして手に入れ、さらに、海上からもイタリアやエチオピアなどの国にせめ入って、海にのぞんだ国ぐにをふるえあがらせました。

しかし、スレイマンは、よその国に遠征ばかりしていたわけではありません。国内の政治にも、広い目をむけ、おおくの法律をつくり、社会の秩序をととのえました。産業をさかんにして力をたくわえ、国の文化を高めるために、芸術や、国民の教育をたいせつにしました。さらに、おおくの寺院を建て、イスラム教国家の建設に力をそそぐことによって、国民の心をひとつにまとめました。その結果オスマン帝国は、このスレイマンの時代に最も栄え、のちに世界の人びとは、この時代をトルコの時代とさえよぶようになりました。

スレイマンは、1566年、最後のハンガリー遠征中に病気でたおれ、72歳で、世界の帝王とたたえられた生涯を終わりました。オスマン帝国は、この帝王を失ってからはしだいに国の政治がみだれ、軍隊の力も弱まり、スレイマンが征服した領土もつぎつぎに失ってしまいました。


もどる
すすむ