オンラインブック せかい伝記図書館 巻末小伝
(5)

コペルニクス(1473-1543)

コペルニクス(1473-1543)地球は宇宙のまんなかにあって動かず、太陽もほかの星も、みんな地球を中心にまわっている、というのが「天動説」です。16世紀はじめころまでは、そのように信じられていました。はんたいに「地動説」は、太陽が中心にあって、そのまわりを惑星がまわっているというものです。これをはっきり証明したのが、ポーランドの天文学者ニコラウス・コペルニクスです。

コペルニクスは、ポーランドのトルンという町に生まれました。10歳のとき父が亡くなり、おじルカスのもとにあずけられました。ルカスは教会の司教でしたので、コペルニクスも神父にさせようと、18歳のとき首都クラクフの大学にやりました。大学で、コペルニクスは神学や哲学より数学とか天文学にきょうみをもつようになりました。世界のなぞをときあかすような学問をしたいというのが、コペルニクスの夢でした。

コペルニクスはクラクフ大学を卒業すると、イタリアにいきボローニャ大学にはいりました。ここで、天文学者ノバラ教授の指導をうけ、科学的な天文観測をならいました。イタリアでは、パドバ大学とフェラーラ大学でもまなんでいます。ポーランドのこきょうにもどってきたのは,1505年、32歳のときでした。

ポーランドに帰ったコペルニクスは、おじのルカスが司教をしていた教会の神父になりました。いろいろな大学で学問をおさめたコペルニクスは、医学や政治、経済の学者としても信者から尊敬されました。

いっぽうでは、まいにち天体観測をつづけ、天動説はどうしてもつじつまがあわないということに、確信を深めました。そして、観測の計算の結果を論文に書き記していきました。原稿は1530年ころに、ほぼできあがりましたが、コペルニクスは、これを本にするのをためらいました。ローマ法王の目がきびしい時代です。天地をさかさまにするような新学説をとなえることは、たいへん勇気のいることでした。

ある日、コペルニクスのところへ、レティクスというドイツの数学教授がたずねてきました。レティクスはかねてから、コペルニクスの研究を知っていました。そして、コペルニクスの部屋にあった原稿を読み、ぜひ出版するようすすめました。コペルニクスも、ようやく決心がつき、原稿を出版社におくりました。やがて、『天球の回転について』の学説は、これまでの天文学をいっきょに新しい時代へむかわせます。しかし、この本ができあがってきた日、1543年5月24日、コペルニクスは本のページをめくることもなく、70歳の生涯を終えました。


もどる
すすむ