オンラインブック せかい伝記図書館 巻末小伝
(5)

ラファエロ(1483-1520)

ラファエロ(1483-1520)ダ・ビンチ、ミケランジェロ、ラファエロといえば、16世紀イタリアのルネサンス時代に、芸術の腕をきそった巨匠たちです。いまにのこる作品から、それぞれの個性のちがいをみることができます。ラファエロの絵には、心やさしい清らかな性格がうかがわれます。ラファエロがルネサンス美術の完成者といわれるのは、すなおな心で、ほかの大家たちの技巧をうけいれ、自分の作品に調和させる努力をしたからです。聖母の画家ともよばれます。『美しい庭の聖母』『小いすの聖母』『シスチナの聖母』などおおくの聖母像をかきのこしました。聖母マリアに感じられるあたたかみ、清らかさは、ラファエロの心そのものであったようです。

ラファエロ・サンチョは、中部イタリアのウルビノという高原の町に生まれました。詩人であり画家であった父から絵の手ほどきをうけて育ちました。12歳のときからウルビノ派の画家ペルジーノの壁画制作をてつだうまでになりました。芸術の都フィレンツェにでてきたのは、1504年、21歳のときです。ダ・ビンチもミケランジェロも、すでに名声をはくしていました。ラファエロは、この二人のえいきょうを強くうけ、画面構成や明暗法などの技巧をまなびとりました。3角形構図による聖母子像をたくさんかいたのも、フィレンツェへきてまもないころです。

5年ごには、建築家ブラマンテによばれてローマへいきました。そして、法王ユリウス2世のもとで、バチカン宮殿の天井画や壁画をかくことになりました。ラファエロは、『聖体の論議』や『アテネの学堂』などの大画面を、2年がかりで完成させました。いまにのこる代表作です。これによってラファエロの名声はいっきょに高まりました。

ラファエロは、売れっ子のいそがしい身となりました。寺院のかざり絵や、壁画の制作、あるいは、貴族たちにたのまれて肖像画もかくなど、大小いろいろな仕事を手がけました。その時どきに、すぐれた画家の技法をとりいれて、自分の作品にとけこませていきました。そうしたおおらかな性格が、人びとにしたわれ、いつもたくさんの弟子たちがより集まっていました。

ラファエロがかつやくしたのは絵だけではありません。ブラマンテの死後、残されたサンピエトロ寺院の建築をひきついだり、また古代ローマ遺跡の発掘にも業績をあげたりしました。ラファエロは絵の制作中に病気になってしまい、37歳の若さで生涯をとじました。1520年の誕生日でした。


もどる
すすむ