オンラインブック せかい伝記図書館 巻末小伝
(5)

ベサリウス(1514-1564)

ベサリウス(1514-1564)暗黒時代がつづいたヨーロッパの社会も、16世紀にはいると、ドイツのルターやフランスのカルバンたちが宗教改革をおこして、教会の権力をゆさぶり、学問の世界も新しい学説が古い学説をくつがえして、ようやく明るいきざしがみえはじめました。

なかでも、1543年に出版された2さつの本は、新しい時代へみちびく手引きとなりました。コペルニクスの『天球の回転について』と、ベサリウスの『人体の構造について』という本です。コペルニクスは、出版と同時にこの世を去りましたが、ベサリウスのほうは、まだ若いときの出版でしたから、世の非難をあびて、のちのち苦労をすることになりました。

ベサリウスは、ベルギーのブリュッセルで生まれました。小さいころから研究熱心で、ネズミやネコを解剖して内臓をしらべたりしました。医学を勉強するために、19歳のとき、パリの大学にはいりました。しかし、先生の講義は、古代ギリシアのガレヌスの説をそのままつたえるだけのもので、ベサリウスには、ものたりませんでした。自分で動物を解剖したり、人体や骨を観察したりして、研究をつづけていきました。

1537年、23歳のベサリウスは、北イタリアのパドバ大学から医学教授としてむかえられました。ベサリウスは解剖学の研究をすすめながら、その新しい知識を学生たちに教えました。教室で人体を解剖してみせ、あやまった古い学説をひとつひとつ正していくベサリウスの講義は、学生たちを感動させ、ほかの医学者たちをおどろかせました。

ベサリウスが『人体の構造について』という研究論文を発表したのは、教授時代の1543年です。近代医学の基礎ともなった、すぐれた論文でしたが、当時の教会は、ベサリウスを危険思想のもち主ときめつけました。学会も、なかまの教授たちも、こぞってベサリウスを非難しました。

大学にいられなくなったベサリウスは、やがてスペイン国王の侍医となり、マドリードにうつり住みました。そして、外科医として信頼されるようになりました。あるとき、貴族の死体を解剖しました。ところが、その人体はまだ心臓がうごいてた、といううわさが町にながれたのです。ベサリウスは、生きた人間を解剖したうたがいで、宗教裁判にかけられました。

「聖都エルサレムにいってざんげせよ」という宣告がくだされました。ベサリウスは、エルサレムまでいきました。しかし、その帰りみち、近代医学をきりひらいた「解剖学の父」は、小さな島でさみしく亡くなりました。


もどる
すすむ