オンラインブック せかい伝記図書館 巻末小伝
(5)

シェークスピア(1564-1616)

シェークスピア(1564-1616)ウィリアム・シェークスピアは、史上最大の劇作家です。さまざまな人間の、ゆれ動く心を描いて、名作をのこしました。その作品は、時代をこえて、おおくの人に感動を与えています。

シェークスピアは、1564年に、イギリスのストラトフォード・オン・エーボンという小さな町に生まれました。父は農産物と雑貨をとりあつかう商人で、一時は成功して高い地位につきました。でも商売に失敗して家が急におちぶれてしまったので、シェークスピアは学校にあまり通えませんでした。

シェークスピアは18歳で結婚しましたが、2年余り後には妻や子を残して、ひとりでロンドンへ行ってしまいます。

ロンドンでは劇場の雑役から出発して、やがて俳優となり、劇作も手がけるようになりました。劇作家として第一歩をふみだしたシェークスピアは、人間のすがたをたくみに描き、一作ごとに世間の評判をたかめていきました。

イギリスはエリザベス朝とよばれる時代です。強国だったスペインに勝って、大変景気の良い、明るい時代になりました。学問や芸術が、いっせいに活動を始めたいきいきとした空気を感じて、シェークスピアも美しい作品を発表しました。初めのころに書いた作品のおおくは喜劇です。『真夏の夜の夢』『ベニスの商人』などがあります。『ロミオとジュリエット』は青春と愛を歌いあげた悲劇です。歴史劇には『ヘンリー4世』などのイギリスの歴史からとったものと,『ジュリアス・シーザー』などプルタークの英雄伝からとったものがあります。30歳後半のシェークスピアは、人間の暗い部分をえぐりだすような悲劇を書きました。『ハムレット』『オセロー』『マクベス』『リア王』などです。『ロミオとジュリエット』のように、人間の純粋さ、美しさを描いた作品とはちがい、いずれも人間の心の弱さやみにくさをほりさげています。

シェークスピアは、作品を読まれるためではなく、舞台で演じられるために書きました。複雑な舞台装置などありませんでしたので、時間の経過や、場面のうつりかわりは、せりふでくふうしなければなりません。その洗練されたことばの新鮮さはいまだに失われていません。
シェークスピアは、劇作家として、名声の点でも第一人者となっていましたが、50歳ころにとつぜん書くことをやめて、こきょうの町へ帰ってしまいました。なぜ引退したのかは、いまだに良くわかっていません。いなかの自然に囲まれて、静かにくらしたシェークスピアは、1616年、52歳で亡くなりました。


もどる
すすむ