オンラインブック せかい伝記図書館 巻末小伝
(6)

パスカル(1623ー1662)

パスカル(1623ー1662)パスカルは、科学者として、数かずの業績をのこすとともに、キリスト教の信仰をとおして人間を深くみつめました。

ブレーズ・パスカルは、フランス南部のクレルモン市に生まれました。幼いころ母を失い、父の手で育てられました。父は税務裁判所の所長をつとめた人で、自然科学にもくわしい教養のある人でした。パスカルが8歳のときに、子どもの教育を考えて、父は役所をやめ、一家でパリに移り住みました。

パスカル少年の知能は、なみはずれていました。父が何かを教えようとすると、いつでももっとずっと難しいことを学んでいました。だれからも教わらない幾何学を、パスカルは一人で勉強していたということも伝えられています。たとえば、ユークリッド幾何学の定理を自分の力で発見し、証明してしまいました。「三角形の内角の和は2直角である」という古代ギリシアの大数学者ユークリッドの解明した定理です。パスカルはこの時まだ12歳でしたから、父はたいへんおどろきました。

その後も数学や物理学の研究をつづけ、わずか17歳で「パスカルの定理」という幾何学上の大きな発見をしました。また、計算の仕事に頭を痛めている父親を助けようと、19歳で計算器を発明し、25歳になると「パスカルの原理」という物理学の法則を発見するなど、めざましい活やくぶりでした。

パスカルは、若くして偉大な業績をあげました。しかし、自分が幸福だとは少しも思いませんでした。社会に認められ、出世をすればするほど不安がつのります。文学や哲学に救いを求めますが、解答は得られず、心の悩みは増していくばかりでした。そこで、人間の正しい姿を宗教に探そうとしました。熱心な努力をつづけました。するとある夜、パスカルの心に、キリストのために生きようという、不思議な気持ちがわきおこりました。どんなことがあっても、ゆるがない強い気持ちでした。

ロアイヤル修道院に入り、パスカルは、静かな信仰生活を送りました。人間に対して、するどい考えをもつようになり、奥深い思想をはぐくみました。パスカルの『パンセ』は、キリスト教信仰の道しるべとして書かれたものですが、洗練されたことばで、人間性を語ったたいへん高度な内容の書物です。

「人間は自然のうちでもっとも弱い、1本の葦にすぎない。しかし、それは、考える葦である」

有名な1節です。人間は悲惨なほどに弱い存在だけれども、同時に、人間は考えることができるから偉大であるといっています。


もどる
すすむ