オンラインブック せかい伝記図書館 巻末小伝
(6)

クック(1728ー1779)

クック(1728ー1779)ジェームズ・クックというよりキャプテン・クックのよび名で知られる海洋探検家は、18世紀のなかば、世界の海を縦横に走り回り、さまざまな業績をのこしました。

クックは、イギリスのヨークシャーに生まれました。父は、農場にやとわれている労務者でした。家庭はいつも貧しく、農場の費用でようやく村の学校に通うことができました。生活のために早くから働かねばならず、雑貨屋で仕事をしていました。そのうち海にあこがれるようになり、思い切って海運業者のもとへ徒弟奉公にあがりました。数学と航海術をみっちりと学んだうえ、荒れる海を数限りなく経験して、クックは一人前のたくましい船乗りに成長しました。

クックは、すでに幅広い知識をもっていたので、それだけで十分社会に通用しました。しかし、よりいっそう、新しい体験を求めて海軍に志願しました。ちょうどイギリスがフランスと戦争を始めたころです。戦艦ペンブルック号に乗りこみ、測量や製図などの方面で大いに活やくしました。地理上の調査にも腕をふるい、その力はおおくの人に注目されました。数学、天文学、測量術などの研究にうちこみ、評判は高まるばかりです。

そのころ、王立学会が南太平洋に遠征観測隊をおくって、金星の動きを観測してくることになり、司令官にクックが選ばれました。大西洋を南にむかった船は、1か月以上もかけてアメリカ大陸の南端を通過し、太平洋にでました。やがて、緑の島タヒチにたどりつき、観測に成功しました。クックの一行は、すぐには帰国しないで、そのまま南太平洋の探検をつづけました。海図にもでていない南方大陸を調べることが、もう1つの任務だったからです。そして大陸の一部と思われていたニュージーランドが南北につらなる2つの島であることをつきとめ、さらに西へ進み、オーストラリア大陸に達しました。クックが、大陸のようすをくわしく調査したのち、イギリスはオーストラリアを自分の領土にすることを宣言しました。

クックは、この大航海につづいて、さらに2回の大航海をなしとげました。南極へむかった航海では、ニューカレドニアやフィジーなど未知の島を多数確認しながら、新しい航路を開拓しました。たいへんな偉業でした。

ところが、最後の航海で、アラスカ半島を回った時、北極海の厚い氷にはばまれて、それ以上進めなくなりました。しかたなく戻って、ハワイで過そうとしましたが、原住民と争って、海岸で殺されてしまいました。


もどる
すすむ