オンラインブック せかい伝記図書館 巻末小伝
(18)

ガガーリン(1934-1968)

人類最初の宇宙飛行をなしとげたユーリー・ガガーリンは、1934年に、ソ連西部のスモレンスク州で生まれました。父も母も、コルホーズとよばれる集団農場ではたらいていました。

ガガーリンが5歳のとき第2次世界大戦が始まり、スモレンスクにもドイツ軍が攻めてきました。そして村は敵にせんりょうされ、家族は穴ぐらで生活しなければなりませんでした。

1945年に戦争は終わり、中学校で2年学んだガガーリンは、家が貧しかったので上級学校へ行くのをあきらめ、工場ではたらきながら学ぶ職業学校へ入りました。

「もっと勉強したい。できれば、大学をでて技師になりたい」

やがて、夜間中学から、さらに技術専門学校へと進みました。ところが、専門学校のときに町の航空クラブへ入って大空へ舞いあがっているうちに、すっかり飛行機にとりつかれてしまいました。そして、21歳のときには航空士官学校に合格して、パイロットへの道をあゆみ始めたのです。

2年間の士官学校を終え、すぐれた戦闘機乗りになったガガーリン少尉は、北極に近い基地の任務につきました。しかし3年ののちには、ひそかにあこがれていた宇宙飛行士の候補にえらばれ、26歳のたん生日をむかえると、ひみつの場所で、きびしいくんれんを受けるようになりました。

1961年4月12日、宇宙服を身につけたガガーリンは、ついに宇宙船ボストーク1号に乗りこみました。

「心ぞう、かわりなし、じゅんび完了」「よし、発射」

モスクワの時間で午前9時7分、ボストーク1号は、ごうごうと音をたてて発射台をはなれました。そして、わずか70秒をすぎたと思うと無重力の大気圏外へとびだし、1時間48分で地球をひとまわりして、ボルガ川のほとりのコルホーズにもどってきました。

「地球は青かった。さまざまな色の絵の具をならべたように美しかった」

いのちがけで、すばらしい宇宙へのとびらをあけたガガーリンは、たちまち、世界の英雄になりました。国からは、27歳の若さで少佐の位があたえられました。

しかし、それからわずか7年ののち、この新しい時代の英雄は、くんれん中のジェット機がつい落して、悲しい最期をとげてしまいました。

「わたしは、祖国のために勇気をふるっただけです」

いつもこう答えていたガガーリンは、心のやさしい人でした。


もどる
すすむ