オンラインブック せかい伝記図書館 巻末小伝
(19)

阿倍仲麻呂(698-770)

日本の朝廷は、630年から894年までの264年間に15回にわたって、中国で栄えていた唐の国へ、使節を送りました。遣唐使です。唐の、進んだ政治のしくみ、学問、文化などを学ばせるために、日本の僧や学生たちを留学させたのです。

698年に、朝廷につかえる役人の子として生まれた阿倍仲麻呂は、19歳のときに、この遣唐留学生にえらばれて唐へ渡りました。4隻の船に乗った人びとは500人をこえ、吉備真備や僧の玄?などもいっしょでした。

仲麻呂や真備が、遠い祖国をしのびながら学ぶうちに16年がすぎ、留学生たちは日本へもどって行きました。でも、そのなかに、仲麻呂のすがたはみあたりませんでした。唐の玄宗皇帝が、別れを惜しんで帰国を許さなかったからです。

唐に残った仲麻呂は、名を中国ふうに朝衡と改め、長安(いまの西安)の大学を卒業ののち、科挙とよばれた役人になるための最高の試験にも合格して、玄宗につかえました。そして、詩人の李白や王維とまじわりながら、さらに学問を深め、しだいに出世して唐の貴族と肩を並べるほどになりました。

しかし、日本のことを忘れることはできませんでした。

752年、真備がふたたび遣唐使として唐へやってきました。そして、仲麻呂と真備は19年ぶりに手をにぎりあい、仲麻呂はやっと帰国が許されて、つぎの年に日本への船に乗ることになりました。玄宗は、すでに54歳にもなった仲麻呂が、なみだを流しながら真備と語りあうのを見て、唐にこれ以上とどめておくのを、かわいそうに思ったのかもしれません。

天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも

仲麻呂は、唐をはなれるとき、いまも『古今集』に残るこの名句をよんで、日本をなつかしみました。

ところが、三笠の山にかかる美しい月を見る夢は、かないませんでした。船が沖縄を通過してまもなく大あらしにおそわれ、真備を乗せた船はかろうじて日本へついたのに、仲麻呂の船は鎮南(いまのベトナム)へ流されてしまったのです。

仲麻呂は、天をあおいで悲しみました。しかし、これも運命とあきらめて、ふたたび玄宗につかえました。そして、770年に、二度と日本の土をふめないまま、72歳の生涯をとじました。仲麻呂は、唐で学んだことを日本へ伝えることはできませんでした。しかし、日本人としてりっぱに生きたことで、日本と唐との親善に大きな役割を果たしました。


もどる
すすむ