オンラインブック せかい伝記図書館 巻末小伝
(24)

加藤清正(1562ー1611)

加藤清正は、尾張国(愛知県)中村に生まれ、幼名を夜叉丸といいました。父を早く失い、幼いうちに母の縁をたよって近江国(滋賀県)長浜に移り、そのころ長浜城の城主となっていた羽柴(豊臣)秀吉に仕えました。元服ご、虎之助清正と名のります。

清正は、19歳のころから出陣して、次つぎに手がらをたてました。とくに、清正の名をとどろかせたのは、秀吉が柴田勝家と天下を争った賤ケ岳の戦いです。やりを手にした勇ましい戦いぶりで、秀吉の家来の7本やりのひとりに数えられるようになり、3000石を与えられました。そして、秀吉が天下統一への道を進めば進むほど、清正も出世をとげ、1588年には、肥後国(熊本県)の半分を支配する19万5000石の大名になりました。このとき、まだ26歳の若さでした。
 
1592年、1万の兵をひきいて海を越え、朝鮮へ攻めこみました。明(中国)を討つために、まず朝鮮を征服しようとする秀吉の命に従ったのです。城を落とし、国王を追い、王子を捕えて北へ北へ進む清正の戦いぶりは、のちに虎退治をしたという話までつくられるほど、勇ましいものでした。
 
ところが、明軍が朝鮮に味方をするようになると、戦いは苦しくなり、いっしょに出陣していた小西行長や日本にいた石田三成らの考えで、朝鮮との講和がすすめられました。でも清正は戦いつづけることをとなえ、そのため行長、三成と少しずつ対立するようになっていきました。

講和は成功せず、日本へひきあげていた清正は、1597年にふたたび海を越え、勇敢に戦いました。

文禄・慶長の役とよばれる、この朝鮮での戦いは、1598年の秀吉の死で中止されましたが、対立した行長や三成とのみぞは、ますます深まるばかりでした。

秀吉が死んだあとの権力争いから、1600年に天下分け目の関ヶ原の戦いが起こると、九州にいた清正は、行長の城を攻めました。家康がわについたのです。そして、その手がらで52万石の大名となり、天下に誇る熊本城をきずきました。しかし、このとき家康に味方をしても、豊臣家の恩は、生涯、忘れませんでした。そのごも、秀吉が残した秀頼を守りつづけています。

49歳で世を去った清正は、けっして、ただ強いだけの武将ではありませんでした。城をきずく技術にすぐれ、また、土木工事に力を入れて田を広げ、領民たちのことを深く考えた政治を進めました。いまも、清正公さんとよばれて、熊本の人びとに愛されつづけています。


もどる
すすむ