オンラインブック せかい伝記図書館 巻末小伝
(26)

菱川師宣(?-1694)

江戸時代に、町の人びとのすがたや生活のようすをえがいた、浮世絵とよばれる日本画が発達しました。菱川師宣は、その浮世絵を世に広めた、江戸時代初めのころの画家です。

1618年ころ、安房国(千葉県)で生まれた師宣は、少年時代は、父の仕事を手つだって刺しゅうの下絵をかいていましたが、やがて画家をこころざして江戸へでました。

江戸で、だれに絵を習ったのか、それはわかりません。自分の力だけで修行したのかもしれません。しかし、とにかく狩野派、土佐派の日本画や、日本のむかしからの大和絵、それに中国から伝わってきた漢画などを学び、40歳をすぎたころには、師宣しかえがけない浮世絵の世界をきずきあげていました。

狩野派や土佐派の絵は、武士や貴族たちによろこばれるものでしたが、師宣がめざしたのは、町人を楽しませるための絵でした。だから、えがくものも、遊び場の女、歌舞伎の役者、町ではたらく人びとなど、町人の社会で見かけるものがほとんどでした。なかでも美人画にすぐれ、道を行く女が、ふと、ふりかえったすがたをえがいた『見返り美人』は、日本に残る浮世絵の最高けっ作のひとつとして、たたえられています。

師宣は、初めは『仮名草子』とよばれた読みものの本のさし絵として浮世絵をかき、つぎには、どのページにも絵を大きく入れた絵本の浮世絵、さらにそのつぎには、本をはなれて1枚ずつの浮世絵をえがくようになりました。このほか、巻物、びょうぶ、掛物などにも筆をはしらせましたが、師宣をさらに有名にしたのは、いろいろなものにえがいたことよりも、浮世絵を版画にすることを考えだしたことです。

そのころまでの浮世絵は、ほとんどが1枚1枚えがいた肉筆のものでした。そのため数が少ないうえに、ねだんが高く、町人たちは、なかなか手に入れることができませんでした。そこで師宣は、1枚の絵を版画にしてなん枚も刷り、町人たちも、安いねだんで求められるようにしたのです。

版画によって浮世絵が広まると、師宣をしたって集まる絵師がおおくなり、やがては、菱川派とよばれる、浮世絵の大きな流派が生まれました。そして、菱川派は、さらにいくつもの流派に分かれて栄え、浮世絵を、すぐれた日本画のひとつへ発展させていきました。

師宣は、1694年に亡くなりました。76歳くらいだったろうといわれています。師宣がいなければ、のちの喜多川歌麿や葛飾北斎などの大浮世絵師も、生まれなかったかもしれません。


もどる
すすむ