オンラインブック せかい伝記図書館 巻末小伝
(35)

谷崎潤一郎(1886-1965)

盲目の春琴と、春琴に永遠の愛をささげるために自分も自らの手で目を刺しつぶして生きる佐助の、清らかな愛をえがいた『春琴抄』。落ちぶれた商家で、鶴子、幸子、雪子、妙子の4人姉妹がわびしくても平凡に生きていこうとするすがたを、まるで絵巻物のようにえがきあげた『細雪』。

谷崎潤一郎は、このような美の世界の名作を、明治、大正、昭和の半世紀にわたって書きつづけた作家です。

幼いころの潤一郎は、町でもひょうばんの美しい母に、やさしく育てられました。いつも甘やかされ、小学校へあがったときも、ばあやがついてこないと学校へもいけないほどでした。

ところが、父の仕事が、しだいにうまくいかなくなり、東京府立第一中学校へ入学してからは、家庭教師として他人の家へ住みこまなければ、学校へ通えないほどになってしまいました。
 
19歳で第一高等学校へ、22歳で東京帝国大学へ進みました。中学生時代から文章を書き始めていましたが、「作家になろう」 と決心したのは、高等学校3年生のころでした。

大学へ入って3年めに、劇作家の小山内薫らと文芸雑誌『新思潮』(第2次)をだし『刺青』『麒麟』などの短編小説を発表しました。そして、1年ごには、流行作家の永井荷風の目にとまってほめられ、25歳の潤一郎はまたたくまに、新進作家として注目されるようになりました。しかし、このときすでに大学は、授業料が払えずに退学になっていました。

荷風にみとめられたことは幸いでした。でも、それは偶然ではなく、潤一郎が、たとえ人間の性をえがいても、それを美の世界へ高めることのできる力を、もっていたからです。やがて発表した『痴人の愛』も、ふしだらな性の世界をえがいたものでしたが、ひとつの美を見つめたものとして、たいへんな人気をよびました。

1923年、関東大震災が起こると関西へ引っ越しました。このころから『盲目物語』『蘆刈』『春琴抄』など、日本の古い文学の伝統をとり入れた作品をおおく書くようになり、50歳をすぎると『源氏物語』を現代語に書きなおす大事業を完成して、その功績と文章の美しさがたたえられました。

『細雪』を発表したのは、このあとのことです。『細雪』がでると、作家潤一郎に、いくつもの文化賞といっしょに文化勲章がおくられました。

潤一郎は、そのごも『鍵』『瘋癲老人日記』などの独特の名作を書き残し、1965年に亡くなりました。79歳でした。


もどる
すすむ