オンラインブック せかい伝記図書館 巻末小伝
(36)

三島由紀夫(1925−1970)

1970年(昭和45年)11月25日、東京市ヶ谷にある陸上自衛隊ではたいへんな騒ぎが起こりました。三島由紀夫が、自分のひきいる「楯の会」の4人の会員とともに、総監室になだれこみ、バルコニーから、ビラをまき、演説をはじめたのです。

「今の憲法は、自衛隊をはっきり認めていない。自衛隊を正しい姿とするために、いっしょに死を決して立ち上がろう」

しかし、演説を聞いた自衛隊員は、ただヤジをあびせるばかりでした。三島は、総監室にもどると、腹を切り、会員の森田必勝が三島の首を打ちおとしました。森田も、あとを追って腹を切りました。新聞やテレビは、この事件を「気ちがいじみた行動」と報道し、人びとも、作家の三島がなぜこのような行動に走ったのか、首をかしげました。

1925年(大正14年)1月14日、三島由紀夫(本名平岡公威)は、東京四谷に生まれました。父は農林省の官吏でした。三島は少年のときから、文学に親しみ、父は反対しましたが、その強いこころざしをとめることはできませんでした。19歳のときには、早くも最初の短篇集『花ざかりの森』を刊行しました。才能を認められ、21歳のとき、川端康成の推せんによって『煙草』が雑誌に発表されて、文壇に登場しました。

これから三島は『仮面の告白』『青の時代』『金閣寺』『潮騒』などを書きます。緊密で論理的な構成と、ゆたかで機知にとんだ文章によってきずかれた、それらの独自な世界は人びとの注目を集めました。いっぽう、演劇の世界でも、『近代能楽集』『若人よ蘇れ』『十日の菊』などの戯曲で、そのはなやかな才能を示しました。また、ほん訳された作品は、海外でも高い評価を得ています。

三島は、小さいときは虚弱でした。それだけに強いからだ、強い心にあこがれました。多くの作家たちが、弱いからだ、弱い性格にもたれかかって作品を書いているのをきらい、からだをきたえました。剣道、空手、ボクシング、ボディビルにはげみ、「楯の会」では自衛隊と共同訓練を行いました。また、社会のできごとに対しても積極的に発言したので、その存在がいつも話題の中心となる作家でした。

三島由紀夫は、なぜ死を選んだのでしょうか。

「物質的な繁栄に精神を失った日本の現状を真剣にうれえたのだ」と言う人もあれば「自分の文学の限界を知ったので、ああした形で死を選んだのだ」という人もあります。そのどれとも言いきれないところに、その死の複雑な意味があるといえます。


もどる