オンラインブック せかい伝記図書館
チャーチル


チャーチル
(1874ー1965)
ヒトラーの世界征服の野望を砕き、勝利のVサインと葉巻タバコで親しまれた大政治家。

「チャーチル」読書の手びき

1914年から1918年にかけてヨーロッパを中心に30数か国が参戦して戦った第1次世界大戦。それから約20年ののち、1939年から1945年にかけて、日本、イタリア、ドイツなどの枢軸国と、アメリカ、イギリス、フランスなどの連合国のあいだで行なわれた第2次世界大戦。チャーチルは、この2つの大戦を政治家として生きぬき、とくに第2次大戦では首相としてイギリスを勝利に導きました。30数歳の若さで大臣になったチャーチルは、たいへん、意志と不屈の精神の強かった人だったといわれています。だれよりも祖国イギリスを愛する人だったのではないでしょうか。また、自国のことだけではなく、つねに世界をみつめ、外交に手腕を発揮してアメリカとソ連の冷戦の解消などにも力をつくしました。政治家としては84歳でなおも下院議員に当選するまで活躍しましたが、一方、文筆にもすぐれ、1953年には『第2次世界大戦回顧録』でノーベル文学賞を受賞しました。歴史や文学を愛したチャーチルは、私人としてもすぐれていました。

文:ワシオトシヒコ
絵:もりとう博
編集プロデュース:酒井義夫

 
すすむ