オンラインブック せかい伝記図書館
ゴッホ

表紙
ゴッホ(1853-1890)
貧しさと孤独にたえ、苦悩のすべてをさらけだしながら、炎のように激しく生きた画家。

「ゴッホ」読書の手びき

 ある日、腹をすかしたゴッホは、自分の絵を古道具屋へ持ち込んで、わずかな金を手に入れました。ところが、通りへでて、あわれな顔をした貧しい女に出あうと、その金をすべて与え、自分は空腹のまま人ごみの中へ消えていきました。これは、ゴッホの純粋さを伝える話です。ゴッホは、あまりにも純粋なために、そして、あまりに個性が強すぎたために、生涯、孤独に耐えなければなりませんでした。また、さまざまな仕事に失敗して極貧に追われ、弟の兄弟愛にすがって生きるよりしかたがありませんでした。そして、フランス南部のアルルで、やっと自由な絵をえがき始めたと思うと、2年後には自殺してしまいました。ほんとうに薄幸な生涯でした。しかし、ゴッホは自分の心をたいせつにして、自分の人生を真剣に生きたのです。生前のゴッホは殆ど無名でした。明るい光とあざやかな色彩で後期印象派の代表と評されるようになったときは、もう20世紀に入っていました。

文:有吉忠行
絵:高山 洋
編集プロデュース:酒井義夫

 
すすむ