オンラインブック せかい伝記図書館
牧野富太郎


牧野富太郎
(1862ー1957)
草や花や木を愛しつづけ、1000種におよぶ新種を発見して生涯を研究にささげた植物学者。

「牧野富太郎」読書の手びき

牧野富太郎は、日本人として初めて、日本の植物に名まえを与えた人です。しかも、その命名品種は1000種をこえ、まちがっていた名まえを訂正したり変更したりしたものを加えると、命名総数は3000種以上にも及んでいます。90余年の生涯を植物の研究ひとすじにささげた結晶です。ところが、『日本植物志図篇』全11集のほか『大日本植物志』『日本植物図鑑』などをつぎつぎに著わして、すぐれた業績をあげていたにもかかわらず、大学へ迎えられてからは助教授にもなることができませんでした。人生のほとんどを独学できり開いた富太郎には、学歴がなかったからです。この閉鎖性には、いきどおりをおぼえないわけにはいきません。また、講師であったため収入も研究費も少なく、あるときは、せっかく苦心して集めた植物標本を涙をのんで外国へ売って、生活費を得ようと考えたこともありました。これも、大学での公的な地位にめぐまれていなかったからです。出版費も研究費も、多くは自分の手でつくりだしたはずです。でも、富太郎は、大学での地位の低さなどにはこだわらず、自分の意志だけをたいせつにして研究を続けました。富太郎は55歳で博士号を贈られましたが、この博士号も、初めはどうしても受けようとしなかったということです。富太郎は、日本の植物分類学の研究に多大なものを残しました。でも、それ以上に、日本人に植物についての知識を広めさせた功績のほうが、もっと大きなことなのかもしれません。

文:はやしたかし
絵:鮎川万
編集プロデュース:酒井義夫

 
すすむ