オンラインブック せかい伝記図書館
二宮尊徳


二宮尊徳
(1787-1856)
天地には小を重ねて大にする力があると信じ、貧しい農村を次つぎと立て直した努力の人。

「二宮尊徳」読書の手びき

貧しい農民には無利息で資金を貸し与え、用水・橋・道路などの整備や荒れ地の開拓を進めさせて生産向上を図らせる。そして、いっぽうでは倹約を奨励し、さらに、収益増と倹約によって生みだされた余剰金は積み立てさせ、そのお金を凶作時等には社会へ還元させる。――これが、二宮尊徳(金次郎)がおこなった報徳仕方と呼ばれるものです。尊徳は、勤勉と倹約を、とくに重んじました。しかし、戦後になって尊徳への批判がでたとおり、封建社会の改革にいどむようなことはしませんでした。でも、このことは逆説的にいえば、武士社会の権力がいかに絶対的で、たとえ凶作時でも年貢を収奪される農民がいかに弱いものであったかを物語るものです。農民たちが、あるときは一揆に走らねばならなかった理由も、ここにあります。勤勉と倹約は現代にも通じる美徳ですが、ここでは、それしか自衛の道がなかった農民たちの悲しさを思いやるほうが妥当なのかもしれません。

文:吉田健
絵:木村正志
編集プロデュース:酒井義夫

 
すすむ