オンラインブック せかい伝記図書館
親鸞

表紙
親鸞(1173-1262)
念仏ひとすじの教えで、貧しい人びとを極楽浄土へみちびいた、浄土真宗の開祖。

「親鸞」読書の手びき

 仏教語で、阿弥陀の力を借りることを「他力」といいます。また、阿弥陀が過去の世で、すべての生きものを救うためにたてた誓願を「本願」といいます。親鸞の思想は、この「他力本願」を基底にすえて「人間は自己の修行によって悟りを開くことができるものではない。念仏をとなえたから極楽浄土に往生できるものでもない。人間は無力であり、阿弥陀の本願によってのみ救われるのだ」というものです。親鸞は『歎異抄』のなかで「弟子1人も持たず候」といっています。それは、自分は悟りを開いた人間などではなく、けがれの多い凡人だという自覚のうえに立っていたからです。だから、自ら人の師になることを避け、自分の力で新しい宗教を開く意志もありませんでした。ところが、阿弥陀をひたすらに信じることだけを説く純粋性が人びとの心をとらえ、死ご、浄土真宗の開祖とよばれるようになりました。親鸞の教えは、人間のおごりを静かに戒めています。

文:有吉忠行
絵:田中 清
編集プロデュース:酒井義夫

 
すすむ