オンラインブック せかい伝記図書館
夏目漱石

表紙
夏目漱石(1867-1916)
明治に生きる知識人の姿を真剣に見つめ、いかに生きるべきかを考えた近代文学の巨匠。

「夏目漱石」読書の手びき

 明治時代の教養人の世界を猫の目から風刺した『吾輩は猫である』。正義感の強い江戸っ子教師を主人公にして、凡人社会の勧善懲悪をユーモラスにえがいた『坊っちゃん』。親友を裏切った罪悪感をとおして明治知識人の内面に目をすえた『こころ』。理性と自然心情の対立のなかで人間存在の根源を問うた『それから』。若い夫婦の不安な精神生活をえがきながら、人間のエゴイズムを追究しようとした『明暗』。このほか、『草枕』『三四郎』『門』など、かずかずの名作を残した夏目漱石は、日本人が最も愛する大作家のひとりです。漱石は、倫理感の強い、たいへんまじめな芸術家でした。つねに、自己批判をしながら、人間の生きるべき道を考え続けました。とくに、明治に入ってから近代教養人とよばれるようになった人びとの、内面に巣くっている利己主義を分析し、あばこうとしました。と同時に、まやかしの文明人で支えられた社会の矛盾をも追究しようとしました。短くいえば、漱石は、近代人の心に光をあてて、日本人という人間の心の深淵をのぞこうとしたのです。漱石の作品が長く広く読まれ続ける秘密は、ここにあります。「人間らしく生きようとするなら、まず漱石の文学を読め」と言った文芸評論家もいるほどです。もともと英文学者だった漱石の文章は洒脱で美しく、だれにでも親しめるものがあり、ここにも漱石文学が若い人びとに愛されるゆえんがあります。門下から芥川龍之介ら多くの作家を輩出したことも、作家漱石の大きさを物語っています。

文:浜 祥子
絵:渡辺勝巳
編集プロデュース:酒井義夫

 
すすむ