レディバードブックス100点セット
 

 

ヘンゼルとグレーテル

昔、2人の子ども、ヘンゼルという名の少年と、グレーテルという名の少女がいました。彼らは父親と継母といっしょに、森のはずれの小さな小,屋に住んでいました。
彼らの父はきこりで、たいへん貧乏でした。あるとき、彼はほとんどお金がなくなり、家族に十分な食べものを与えることができなくなりました。
それで彼はたいへん不幸な気分になりました。
「私はどうやったら子どもたちを育てられるだろうか」 と、ある夜、彼は妻にたずねました。「ちょうど2人分の食べものがあるだけで、4人分はない」

 彼の妻は、本当は子どもたちを好きではありませんでした。「よくきいて、あなた」 と、彼女は答えました。「私には何をすべきかわかっています。明日、子どもたちを森の一番深いところに連れていきましょう。私たちは彼らに火をたいてやり、小さなパンをやりましょう。それから彼らをそこに置き去りにしなくちゃいけません。彼らは帰り道を見つけられないでしょう。私たちは彼らから自由になれますよ」

 「私にはとてもそんなことはできない」 と、きこりは言いました。「おまえはどうしてそんなことを考えつけるのかね」
「おばかさん」 と、妻は叫びました。「それでは、私たちみんな飢死してしまいますよ」
そして、彼女は彼がついに同意するまで、うるさくせめたてました。

 お腹が空きすぎて眠れずに、ヘンゼルとグレーテルは彼らの言ったことを聞いてしまいました。グレーデルはひどく泣きました.
「どうしましょう」 と、彼女はすすり泣きました。
「グレーテル、心配するなよ」 と、兄は言いました。「私がおまえの面倒を見るよ」

 両親が眠るとすぐに、彼はそっと外へ出ました。白い小石がいたるところにあって、まるで月の光の中の銀貨のようでした。彼はポケットに小石をつめこむと、ベッドに戻りました。

 翌日の朝早く、きこりの妻は2人の子どもを起しました。
「起きなさい」 と、彼女は2人に言いました。「私たちは木を切りに森へ行くのです」
彼女は、ひとりひとりにパンをひと切れ与えました。

 「これはおまえたちの食べものです。食事前に食べてはいけませんよ」
彼らはみんなでいっしょに出かけました。へンゼルのポケットは小石でいっぱいでしたので、グレーテルがパンをエプロンに入れて持っていきました。

 たいして歩かないうちにヘンゼルは立ち止まり、家の方を振り返りました。へンゼルが何回もそんなことをした後で、父親は彼に話しかけました。
「ヘンゼル、なぜおまえは遅れるのだ」
「私の白ねこが屋根の上にいるのですよ、お父さん」 と、ヘンゼルは言いました。「私はさよならをしているのです」
「あれはねこじゃないよ、ばかな子だね」 と、継母は怒りました。「あれは白い煙突の上で輝いている太陽だよ」
しかし、ヘンゼルは本当にねこを見ているのではありませんでした。彼は立ち止まるたびごとに、ポケットの小石を道の上に落としていたのです。

 彼らは森の真中にやってきました。きこりは子どもたちに小枝を集めるように言いました。
「私は火をたこう」と、彼は言いました。「そうすれば、おまえたちも寒くないだろう」
すぐに、火はあかあかと燃えました。
「ここで休んでいなさい」 と、継母が言いました。「私たちはこれから木を切りにいくから。用意ができたら迎えにくるからね」

 へンゼルとグレーテルは、火のそばにすわりました。おひるに、彼らはパンを食べました。斧の音が聞こえ、彼らは父親が近くにいるのだと思いました。しかしそうではなかったのです。彼らが聞いたのは、風に吹かれて木の幹にあたる小枝の音にすぎませんでした。

 へンゼルとグレーテルは待ちくたびれて、ぐっすり眠ってしまいました。
目が覚めたときには暗くなっていました。
「どうしましょう」 と、グレーテルはおびえました。
へンゼルは彼女を慰めました。

 「月が上るまで待ちなさい」 と、彼は言いました。「そのときには、家に帰る道がわかるよ」
とうとう、月が空にあがってきました。へンゼルは妹の手をとって、道に落とした小石の跡をたどりました。小石は月の光の中で銀貨のように光って、子どもたちに家へ帰る道を示しました。

 子どもたちは一晩じゅう歩きました。明け方になって、彼らは父親の小屋を見つけ、ドアをノックしました。
継母がドアを開けました。「いたずらっ子め」 と、彼女は叱りました.
「どこに行っていたんだね、おまえたちは帰ってこないものと思っていたよ」
きこりは、彼らに会えてたいへんしあわせな気持でした。彼らを森に置き去りにしたことで、心を痛めていたのです。

 まもなく、家にはまたほとんど食べものがなくなりました。ある夜、子どもたちは継母が父親に話しかけているのを聞きました。
「パンが半分しか残っていませんよ」 と、彼女は話していました。「それがなくなってしまったら、もう何もありません。私たちは子どもたちを森のもっと奥に連れていかなければなりません。こんどは子どもたちに帰り道を発見させてはなりません。それが私たちの唯一の逃れる手段です」
きこりの心は重くなりました。彼はむしろ、最後のパンを子どもたちと分け合いたかったのです。しかし、彼の妻は彼の願いをきき入れようとせず、こんども彼は同意せざるを得ませんでした。

 きこり夫婦が眠るとすぐに、ヘンゼルは前と同じようにポケットに小石をつめるつもりで起きあがりました。しかし、継母はドアに錠をかけてしまっていました。彼は外に出ることができませんでした。彼は悲しくベッドに戻りました。
「泣くのはおよし、グレーテル」 と、彼は勇敢に言いました。「すべてうまくいくさ、見ておいで」
翌日の朝早く、継母は子どもたちを起しました。森に向けて出発する前に、彼女は2人にパンのごくちいさなかけらを与えました。

 彼らが木々の間を歩いているとき、ヘンゼルはときどきかがみこみました。そのたびに、彼はパンのかけらを道に落としたのです。
「ヘンゼル、おまえはなぜそんなに止まるのかね」 と、父親がたずねました。
「私は、はとを振り返っているのです」 と、ヘンゼルは答えました。「はとは私にさよならとうなずいています」
「ばかな子だね」 と、木こりの妻は軽蔑して言いました。「あれは、はとなんかじゃないよ。煙突の上で輝いている太陽だ」
しかし行く途中、ヘンゼルはパンくずを落とし続けました.

 きこりの妻は、子どもたちを森の彼らの知らないとこうに連れていきました。火をたくさんおこしながら、彼女は言いました。「ここ、火のそばにいなさい。私たちは木を切りに森の中に行くよ。夕方には連れにくるからね」
おひるに、グレーテルはパンの小さなかけらをへンゼルと分けて食べました、というのも、ヘンゼルは自分のパンを全部道に落としてしまっていたからです。それから彼らは眠りました。夕方になりましたが、誰も来ませんでした。

 「こわがることはないよ、グレーテル」 とへンゼルは、暗くなったとき、妹に言いました。「月がのぼってきたら、私が落として来たパンくずが見つかるだろう。パンくずはぼくたちを、家に導いてくれるよ」
やがて月がのぼりましたが、彼らは1つもパンを見ることができませんでした。鳥が全部食べてしまっていたのです。

 「すぐ道がわかるよ」 と、ヘンゼルは妹に言い続けました。
しかし、道は見つかりませんでした。彼らは一晩じゅう、さらに次の日も一日じゅう歩き続けましたが、彼らはまだ森の奥深くにいました。彼らは疲れきって、それ以上進めなくなり、眠ろうと木の下に横になりました。

 次の日の朝、子どもたちは歩き続けました。彼らはたいへん空腹でした。おひるころまでに、ヘンゼルはすぐに助けを求めなければ、餓死してしまうだろうと感じました。
ちょうどそのとき、美しい白い鳥が近くの小枝に止まりました。それはたいへん楽しく歌ったので、2人はそれが木々の間を飛んでいくのを追いかけました。
鳥は彼らをまっすぐに一軒の小屋に連れていきました。
「ごらんよ、ヘンゼル」 と、グレーテルが叫びました。「小屋は、バンとケーキでできているわ。それに窓はお砂糖でできているのよ」

 2人の子どもはかけだしました。
「これはごちそうだ」 と、ヘンゼルは言いました。「ぼくはパンを食べよう。おまえはケーキを食べてごらん」
へンゼルは、どんな味がするかしらべようと、パンをちぎりとりました。
グレーデルはケーキのひとつにかぶりつきました。すぐに彼らは2人とも幸せな気分になってむしゃむしゃと食べていました。

 ちょうどそのとき、ドアが開きました。年とった女の人が、杖をついて出てきました。へンゼルとグレーテルはあんまりびっくりしたので、食べていたものを落としてしまいました。しかし、その女の人は彼らにほほえみかけました。
「おはいりなさい、子どもたち。私のところにいなさい、そうすれば、つらい目を見ることはありませんよ」

 彼らの手をとって、彼女は小屋の中に彼らを案内しました。パンケーキと牛乳と果物の食事が、テーブルの上に用意されていました。裏の部屋にはベッドが2つありました。食べ終ると、子どもたちはついに安全になったとうれしくなって横になりました。

 老女は、ヘンゼルとグレーテルにたいへん親切でした。しかし、彼女は本当は悪い魔女で、子どもたちをだましていたのだとは、彼らにはわかりませんでした。彼女は目がよく見えませんでした、魔女というのは視力がよくなかったのです。しかし彼女は、動物のようにきゅう覚は鋭いのでした。彼女は子どもたちがやってくる匂いをかぐことができたのです。

 パンとケーキの家は、子どもたちを誘いこむために建てられていたのです。いったん中にはいると、魔女は彼らを料理して、食べてしまうのでした。
今やへンゼルとグレーデルが小さなベッドで眠っているので、魔女は邪悪な笑いを浮かべました。「この2人を逃しはしないよ!」 と、彼女はぺちゃぺちゃ言いました。

 次の日の朝早く、魔女はヘンゼルをベッドから荒々しく引きずり出し、そして、彼をおりに閉じこめてしまいました。彼は叫び声をあげましたが、助けてくれる人は誰もいませんでした。
次は、グレーテルの番でした。魔女は彼女をゆすり起しました。
「起きろ、怠け者め!」 と、魔女はぎゃーぎゃー言いました。「おまえの兄のために何かおいしいものを料理しなさい。食べごろに太るまで、あのおりの中に入れておくのだから」
少女は泣き出しましたが、悪い魔女は彼女の涙をあざけり笑うだけでした。グレーテルは、言われたとおりにしなければなりませんでした。
日一日と過ぎていきました。魔女が鍵をかくしてしまっていたので、ヘンゼルはおりの中にいなければなりませんでした。グレーデルはすぐ疲れはててしまいました、なぜなら魔女は、掃除、床みがき、あわれなヘンゼルのための大量の食事の用意を彼女にさせたからです。

 毎朝、魔女はおりのところへ出かけました。
「指を出しなさい、ヘンゼル」 と、彼女はぺちゃぺちゃ言うのでした。
「食べごろに太ったかどうか、さわらせておくれ」
しかし、ヘンゼルは指の代りに骨をさし出すのでした。魔女は視力が弱いので、いつもそれが彼の指だと思っていました。彼女は、なぜ彼がぜんぜん太らないのかといぶかりました。
4週間たちました。へンゼルの賢い計略のため、魔女は彼がまだやせているのだと思っていました。彼女はもう我慢ができなくなりました。
「水を持っておいで、グレーテル」 と、彼女は怒って言いました。「今朝、私はヘンゼルを殺して料理するよ」

 涙がグレーテルの顔を流れましたが、魔女は彼女に水を持ってこさせて火を起しました。
「まず最初に、パンをやこう」 と、魔女はグレーテルをずる賢く見ながら言いました。「すでに生パンは作ってあるし、オーブンも温めてあるよ」

 彼女は少女をオーブンの扉まで押していきました。炎が猛烈な勢いで燃えていました。
「さあ」 と、彼女は言いました。「十分熱くなっているかどうか見なさい。それからパンを入れよう」
しかし彼女は、本当はグレーテルを焼くためにオーブンの中に入れようと企んでいたのです。それから、ヘンゼルはもちろんグレーテルも食べようとしたのです。

 グレーテルは悪い魔女が、何を考えているのか推測してしまっていました。
「私は中に入れません」 彼女は言いました。「大きすぎますもの」
「ばかな子だね」 魔女は、怒って言いました。「オーブンは十分大きいよ。ほら、私だってはいれるじゃないか」
彼女は体を曲げて頭をオーブンに入れました。グレーテルは彼女を強く押して、彼女を中に落としこみました。グレーテルは鉄の扉を閉めて、かんぬきをしました。
魔女は出ることができませんでした。少女は彼女を閉じこめたまま、そこを離れました。

 グレーテルはへンゼルのいるおりまで走っていきました。「魔女は死んだわ!」 と、彼女は叫びました。「私たちは安全よ! さあ、あなたをおりから出してあげなくちゃね」
グレーテルは鍵を見つけることができず、そこで魔女の暖炉から持ってきた火箸で錠をこわしました。ドアはさっと開きました。
へンゼルは、おりから鳥のようにとび出しました。彼らは何回も何回も抱き合いました。
今や彼らには、恐れるものはありませんでした。そして、魔女の家をさがすと、真珠や宝石の入った小箱が見つかりました。「これらは小石よりもいいや」 と、ヘンゼルは言いました。
彼はポケットの中に入るかぎりたくさんの宝石を入れました。グレーテルはエプロンにいっぱい入れました。

 「私たちは、この魔法の森から出なければならない」 と、ヘンゼルは妹に言いました。
彼らは魔女の家を出て、木々の間を歩きました。数時間後、彼らは大きく広がった川にぶつかりました。
「橋がない」 と、ヘンゼルはろうばいして言いました。「ぼくたちは渡れないぞ」
「ボートもないわ」 と、グレーデルは言いました。「でも、ほら、白いかもがいるわ。助けてくれるよう頼みましょう」
かもは承知しました。かもは1人ずつ背中に乗せて流れを横切り、彼らはまもなく向う岸に無事に下りたちました。

  ヘンゼルとグレーテルがたいして歩かないうちに、森の彼らが知っているところに着きました。そして走りはじめ、とうとう自分たちの家に着きました。家の中に入り、彼らは父親の腕の中にかけこみました。彼は子どもたちを森の中に置き去りにして以来、一瞬たりとも幸福だったことはありませんでした。彼は今は1人でした、なぜなら継母は死んでしまっていたのです。
「おまえたちが帰ってきてくれてたいへんうれしいよ」 と、彼は言いました。

 グレーテルはエプロンを振りました、すると真珠やダイヤモンドが床の上をころがりました。ヘンゼルはポケットから、次から次へと一握りずつの宝石を投げだしました。
彼らの苦しみは終りました。その後、きこりとその子どもたちはいっしょに幸せに暮しました。


もどる