レディバードブックス100点セット
 

 

狼と7匹の子やぎ

 昔、7ひきのかわいい子やぎを持っている、やぎがいました。彼女はすべての子やぎを、愛情をこめてかわいがっていました。彼女がただ一つ恐れていたことは、いつかおおかみが彼らを捕えてしまうのではないかということでした。ある日母やぎは、食べものをさがしに森の中に入っていかなければならなくなりました。出かける前に彼女は、7ひきのかわいい子やぎを呼び寄せました。

 「かわいい子どもたち」 と、彼女は言いました。「私がいない間は、おおかみが近くにこないように注意しなさい。ドアには鍵をかけておきなさい。
もし、おおかみが入ってきたら、あなたたちはみんな食べられてしまうでしょう。彼は変装するかもしれませんが、がらがら声とまっ黒な足によって、彼だということがわかるでしょう」
子やぎは答えました。「お母さん、心配しないでちょうだい。私たちはよく気をつけますよ」そこで、母やぎは子やぎを家に残して森へ入っていきました。

 ドアがノックされるまでには、長くかかりませんでした。誰かが大声で叫びました。「子どもたちや、お母さんのためにドアを開けておくれ。みんなにおみやげを持ってきたよ」
しかし子やぎたちは、そんながらがら声がお母さんの声であるはずがないとわかっていました。「ドアなんか開けないよ」 と、彼らは叫びました。
「おまえは私たちのお母さんではないよ。お母さんは優しい声をしているけれど、おまえの声はがらがらだもの。おまえはおおかみだろう」

 そこで、おおかみは店に行ってチョークをひと固まり買いました。彼は声を優しくしようと思って、それを全部食べてしまいました。彼はそれからやぎの家にもどって、ドアをノックしました。
「子どもたちや、お母さんのためにドアを開けておくれ。みんなにおみやげを持ってきたよ」と、おおかみは優しい声で言いました。

 おおかみは話しながら、窓のさんに黒い足をのせました。

 子やぎたちは優しい声を聞いて、最初のうちはお母さんの声だと思いました。そのとき、黒い足が見えたので叫びました。「ドアなんか開けないよ。おまえはお母さんではないもの。お母さんは黒い足をしていないよ。おまえはおおかみだろう」

 この言葉を聞いて、おおかみはパン屋に走りました。「私は足にけがをした」 と、おおかみは言いました。「足に生パンをこすりつけてくれ」
パン屋はおおかみがこわかったので、言われたとおりにしました。

 次におおかみは粉屋に走りました。「小麦粉を私の足にふりかけてくれ」 と、彼は言いました。
粉屋は思いました 「おおかみは誰かをだましたいと思っているな」 そこで、彼は断りました。すると、おおかみは言いました。「私の言うとおりにしないと、私はおまえを食べてしまうぞ」 それで粉屋は恐ろしくなって、おおかみの足に小麦粉をふりかけました。

 3度、おおかみはやぎの家にひきかえすと、ドアをノックしました。「子どもたちや、お母さんのためにドアを開けておくれ」 と、彼は言いました。
「みんなにおみやげを持ってきたよ」
子やぎたちはほしい声を聞きましたが、彼らはまだ警戒していました.
「はじめに足を見せてちょうだい」 と、彼らは叫びました 「私たちにお母さんかどうかわかるように」

 おおかみは窓のさんに足をのせました。子やぎたちは白い足を見ると、ほんとうにお母さんだと思いました。
彼らはドアを広く開けました、すると、そこにはおおかみが立っていたのです。

 子やぎたちは、恐れおののいて身をかくすために走りました。
1ぴきは机の下にかけ込み、2ひきめはベッドの中にとび込み、3びきめはストーブの中に、4ひきめは台所に、5ひきめは戸棚に、6ひきめは洗い桶の下に、そして7ひき目は時計の中にとび込みました。

 おおかみが彼らを見つけるのには、たいして時間がかからず、次から次と、できるだけ速く彼らを飲み込んでしまいました。時計の中にかくれていた1番年下の子やぎだけが、おおかみに見つかりませんでした。
6びきのこやぎを飲み込んでしまうと、おおかみは眠くなりました。彼は牧草地にはいり、木の下に横になって、すぐにぐっすりと眠ってしまいました。

 まもなく、母やぎが森から家へ帰ってきました。なんという光景が彼女の目にうつったことでしょう.
家のドアは広く開いたままでした。テーブルも椅子もひっくり返されていました。洗い桶は粉々にこわれていました。枕もふとんもベッドから引きずりおろされていました。

 母やぎは7ひきの子やきをさがしましたが、どこにも見つかりませんでした。
それで絶望して、彼女は子やぎの名前を1ぴきずつ呼びました。最後に7番目の子やぎの名前を呼ぶまで、誰も答えませんでした。彼女がその名前を呼ぶと、小さな声が答えました。「お母さん、私は時計の中よ」

 大喜びで、彼女は小さい子やぎを時計の中から出してやりました。子やぎは、どのようにしておおかみが他の6ぴきの子やぎを食べてしまったのかを、彼女に話しました。その悲しい話が終ると、母やぎと7番目の子やぎはいっしょに泣きました。

 しばらくして、かわいそうな母やぎは、かわいい子やぎを連れて外に出て、悲しげに牧草地をさまよいました。そこには、木の下で、おおかみがぐっすり眠っていました。彼はたいへん大きないびきをかいていたので、彼の上の木の枝がふるえるほどでした。

 母やぎは限っているおおかみのまわりを歩き、彼の大きなふくれたお腹を見ました。彼女がもっとよく見ていると、何かが彼のお腹の中で動き、もがいているように思えました。
「これはこれは」 と、彼女は叫びました。「おおかみが飲みこんだ子やぎたちがまだ生きているのかしら」

 「すぐに家にもどりなさい」 と、彼女は7番目の子やぎに言いました。「私にはさみと針と糸を持ってきておくれ」
それから、母やぎはおおかみのお腹を切り開きました。はじめに少し切ると、1ぴきのかわいい子やぎの頭がひょいと出てきました。

 彼女がおおかみのお腹をさらに切っていくと、もう1ぴき、またもう1ぴきというように、子やぎたちがとび出しました。とうとう、6ぴき全部が生きたまま自由になりました。どれも傷ついていませんでした、というのも、おおかみは食い意地がはっていたので、彼らを丸のみにしてしまったからです。

 彼らはまたみんないっしょになれて、なんと幸せだったことでしょう。
かわいそうな母やぎはまた泣きましたが、こんどは嬉し泣きでした。

 7ひきの子やぎたちは幸せそうに、眠っているおおかみのまわりをとんだりはねたりしました。

 しかし、すぐに母やぎは彼らに話しかけました。「大きな石をさがしてきなさい」 と、彼女は言いました 「そして、それを私のところに持ってきなさい」
そこで、7ひきの子やぎたちは見つかるかぎり大きな石をさがし、それをおおかみが寝ているところへ持ってきました。

 母やぎはできるかぎり多くの石を、おおかみのお腹の中に入れました。それから、すばやくお腹を縫い合わせました。
おおかみはその間じゅう大いびきをかいて寝ていて、何が起ったのかわかりませんでした。

 とても長いこと眠った後、おおかみは目を覚まし、のどがかわいていたので水を飲もうと井戸の方に行きました。
彼が歩くにつれて、お腹の中の石がお互いにぶつかり合ってごろごろと音をたてました。それで、おおかみは叫びました、
「何がごろごろ鳴ったりころがっているのだろう、
 私のあわれな体の中で.
 私は6ぴきの若い子やぎを食べたのに
彼らは6つの石みたいだ」

 彼はよろけながら、またごろごろ音をたてながら、長い時間かかって井戸に着きました。彼は井戸に着き、水を飲もうと身をかがめると、お腹の中の重い石が彼をぐらつかせました。
おおかみはぼちゃんとびっくりするような音をたてて、井戸の中にまっさかさまに落ちてしまいました。

  やぎと子やぎたちは、びっくりするようなぼちゃんという音をきくと、井戸にかけていきました。おおかみが溺れてしまったのを見て、彼らは大喜びでした。

 「おおかみが死んだ。おおかみが死んだ」 と叫びながら、彼らはとびまわりました。母やぎが森に行くとき、もはや子やぎたちをおいていくのをこわがる必要は、ありませんでした。


もどる