レディバードブックス100点セット
 

 

白雪姫と7人の小人

 昔、ある寒い冬の日のこと、雪が静かに降りしきるなか、女王さまが窓ぎわにすわって縫いものをしていました。外を見ると、雪景色は、黒たんの窓わくによって、絵のようにふち取られていました。

 女王さまは縫いものをしているうちに、針で指をさしてしまい、縫いものの上に血が3滴落ちました。血の赤、それをきわだたせている雪の白、そしてそれをふち取る窓わくの黒たん、これらのあまりの美しさに女王さまは 「ああ、雪のように白く、血のように赤く、黒たんのように黒い子どもができたらどんなにいいかしら!」 と、思いました。
それからしばらくして、女王さまは望みどおりの女の赤ちゃんを産み、その赤ちゃんの肌は雪のように白く、ほおは血のようにあざやかな赤で、髪は黒たんのような黒さでした。女王さまはこの子を白雪姫と名づけました。

 不運なことに、赤ちゃんが生れてすぐ、女王さまは亡くなってしまいました。その1年後に、王さまは、再婚したのでした。
新しい女王さまは、とても美しかったのですが、それを鼻にかけすぎていました。そして、他人が、自分より美しいと考えることに我慢できませんでした。
女王さまは、壁にかけてある魔法の鏡を持っていました。たびたび彼女はその前に立って、映っている自分の姿にみとれ、こう質問しました、
 「壁の鏡よ、鏡、この国じゅうの女性のなかで、だれが一番美しいかね」
鏡はいつも、こう答えました、
「あなたです、女王さま、あなたが一番美しいです!」
女王さまは、いつもこの答えを聞いて満足していました、なぜなら、この魔法の鏡が本当のことしか言えないということを知っていたからです。

 そうこうするうちに、白雪姫は赤ちゃんから愛らしい少女へと成長しました。彼女が7つになったときには、バラ色のほおと白い肌にかかる黒々とした髪で、女王さまよりずっと美しくなっていました。
こうしたある日、女王さまが鏡に、
 「壁の鏡よ、鏡、この国じゅうの女性のなかで、だれが一番美しいかね」
と聞くと、鏡はこう答えたのです、
「大人の背丈をもった女性のなかでは、あなた、女王さまが一番美しい。でも、私は真実を告げなければなりません、そして、あえて申します、それは、幼い白雪姫の方があなたより、ずっと愛らしいです」
女王さまはこれを聞くとショックを受け、同時に腹を立てました。彼女は、白雪姫をよく注意して見てみましたが、やはり、彼女が日増しに美しくなっているのを見過ごすことができませんでした。毎日、この少女を見ていると、女王さまの怒りと嫉妬は増すばかりでした。

 ついに、白雪姫の美しさへの嫉妬が、女王さまを昼も夜も悩ますときがきました。少女への憎しみが、彼女の胸いっぱいになったのです。そこで女王さまは、猟師を1人呼ぶと 「この子を森の奥深く、遠くへ連れていって殺してきなさい、もうこの子を見るのに耐えられない」 と、命令しました。
猟師は従うしかありませんでした。白雪姫の手を引くと、森の奥へ連れていきました。猟師が立ち止まって、彼女を殺すためにナイフを取り出すと、かわいそうに子どもは泣き出して、命だけは助けてくれるように頼みました。
「お願い、殺さないで」 と、彼女は頼みました。「もし、助けてくれたら、私は森のもっと奥へ行って、絶対うちに帰らないと約束するわ」
猟師は、こんなに若くてきれいな顔に涙が流れるのを見ると、かわいそうになってしまいました。「それならお逃げなさい、かわいそうな娘さん」 ナイフをしまいながら、彼は言いました。「野生の獣が、すぐにあのかわいそうな子を食ってしまうだろう」 彼はそう思いました。

 白雪姫は、1人で広い森の中へ走っていくうちに、恐くてたまらなくなりました。どっちへ行ったらいいのかわからないし、なにが起るのかもわからなかったからです。野生の獣に出会って、襲われるのではないかと恐れていました。
彼女は、とがった石の上や長いとげを持った、ちくちくする茂みのまわりを、どんどん走り続けました。彼女は野生の獣のほえる声をききました、でも、何匹かは走っている彼女のそばを通りましたが、どれも襲ったりしませんでした。夜になると、足はヒリヒリと痛く、服はやぶれ、手足にはとげでひっかき傷ができていました。
白雪姫が疲れてたおれそうになったとき、山の斜面にある、かわいい小屋に着きました。ドアをノックしてみたのですが、なんの返事もありません。ドアに手をかけてみると開いたので、彼女は休もうと中に入っていきました。

 小屋の中のものは全部小さくて、きちんと片づき、きれいになっていました。テーブルの上には白いクロスがかけられていました。そして、7枚の小さなお皿、7本の小さなナイフ、フォーク、スプーン、そして、7個の小さなグラスがきちんとその上に並べて置いてありました。壁ぎわには、7つのベッドが並んでいて、どれもきれいにふとんがかけられ、白いベッドカバーがかかっていました。

 白雪姫は、おなかがすいていたし、のども渇いていたのですが、だれかの夕食を食べてしまいたくはありません。そこで彼女は、どのお皿からも少しだけ食べて、どのグラスからもワインを一□だけ飲みました。
白雪姫はとても疲れていたので、眠りたいと思いました。1つめのベッドに横たわったのですが、なんとなく落ち着きませんでした。そして他のベッドをいろいろ試してみましたが、どれも長すぎたり短すぎたり、堅すぎたりやわらかすぎたりしました。どれもぴったりこなかったのですが、最後のベッドへ来ると、これがちょうどよかったのです。彼女はすぐに眠りこんでしまいました。

 さて、この小屋は7人の小人のもので、彼らは、暗くなるころ家に帰ってきます。みんな1日じゅう、山の中で金を掘っているのでした。
小人たちは小屋へ入ると、1人1人がろうそくをつけました。そして、7本のろうそくの光によって、朝みんなが出かけてから、だれかがここへ来たということを知りました。

 1番目の小人が叫びました「だれが私のいすにすわったんだろう」
2番目の小人が聞きました「だれが私のお皿で食べたんだろう」
3番目の小人が聞きました「だれが私のパンを食べたんだろう」
4番目の小人が聞きました「だれが私の野菜を食べたんだろう」
5番目の小人が聞きました「だれが私のナイフを使ったんだろう」
6番目の小人が聞きました「だれが私のフォークを使ったんだろう」
7番目の小人が聞きました「だれが私のグラスから飲んだのだろう」

 次に小人たちは、ベッドが、朝、家を出たときほどきちんとしていないことに気がつきました。1番目の小人が自分のベッドを見て叫びました、「だれが私のベッドに寝ていたんだろう」
それから他の小人たちも、順番に自分のベッドを見て叫びました「だれが私のベッドに寝ていたんだろう」
ところが、7番目の小人が自分のベッドのところへ行って、ぐっすり眠っている白雪姫をみつけたのです。「私のベッドにいる人をごらん!」 彼は他の者を呼び、みんなは見に走ってきました。

 みんなはろうそくを高くさし上げ、ベッドのまわりに立って、白雪姫を見つめていました。「なんと美しい子なんだろう!」 みんなは叫びました。
小人たちは、このぐっすり眠っているかわいらしい子を起したくなかったので、忍び足で離れると、静かに夕食をすませました。それから寝る時間になると、7番目の小人は、1時間ずつ順番に、他の小人のベッドでいっしょに寝ました、こうして、その夜はすぎていきました。

 朝になって、白雪姫は目を覚して、はじめ7人の小人を見たとき、少し恐いと思いました。でも小人たちはやさしく話しかけ、名前を聞きました。
「私の名前は白雪姫といいます」 と、彼女は答えました。
「でも、どうやって私たちの小屋を見つけたのかね」 みんなは聞きました。

 白雪姫は、猟師に頼んで彼女を森の中へ連れてこさせ、殺そうとしたまま母のことを話し、どのように猟師が命を助けてくれたかも話しました。「それから私は、森の中を1日じゅうずっと走ったの」 彼女は話し続けました 「そうしたら、この小さな小屋にやってきたのよ」 小人たちはこのひどい話を聞くと、少女が本当にかわいそうになってしまいました。一番年上の小人が彼女にこう言いました 「もし、あなたが私たちの世話をしてくれて、家を掃除して片づけて、料理をして、洗たくをして繕いものをしてくれるなら、ここに住んでもいいんだよ、私たちがしっかり守ってあげよう」

 「まあ、なんて親切なんでしよう!」 白雪姫は答えました。「もちろん、喜んでするわ」
けれども、小人たちは家を出る前に、白雪姫に忠告をしておきました。
「私たちは1日じゅう外で働いている」 彼らは言いました。「あなたは家で1人でいるんだ。あなたがここにいることを、もしそのまま母が知ったら、やってきてあなたをひどい目に会わせようとするだろう。だから私たちがいないときは、決してだれも中に入れてはだめだよ」 白雪姫は、彼らの警告に気をつけると約束しました。

 彼女は、小人たちといっしょに暮して、幸せでした。毎朝、みんな金を掘りに出かけていきました。毎晩みんなが帰ってくると、白雪姫は夕食のしたくをして、家をきちんと片づけてきれいにしていました。白雪姫は、1日じゅう1人で家にいたにもかかわらず、やることがいっぱいあったので、さびしいと思ったことはありませんでした。

 一方、白雪姫が死んでしまったと思いこんでいる女王さまは、自分が国で一番美しい女性だと思って、たいへん幸せでした。彼女があの魔法の鏡にいつもの質問をしようと思いたつまで、しばらく間がありました。
彼女がやっと、鏡の前に立って、
「壁の鏡よ、鏡、この国じゅうの女性のなかで、だれが一番美しいかね」
と聞いたとき、彼女は鏡の答えを聞いて、自分の耳が信じられませんでした。鏡はこう言ったのです、
「女王さま、あなたは非常にお美しい、でも、私は真実を告げなければなりません、そして、あえて申します。白雪姫はまだ死なないで生きています、はるか丘を越えたところの小さな家で。そして女王さま、あなたはたしかに美しいが、この子の持っているすばらしい美しさが、彼女をあなた以上の美人にしているのです」

 それを聞いた女王さまの怒りはたいへんなものでした。彼女は鏡がうそをつくことはないのだから、きっと猟師が裏切ったんだと気がつきました。

 だれかが自分より美しいとわかっているかぎり、嫉妬心が彼女をさいなませたのでした。そこで女王さまは、白雪姫を見つけだして、自分の手で殺してしまおうと決心しました。
でも、どうしたらできるのでしょうか。白雪姫に、まま母だと気づかせてはいけないのです。とうとう彼女は、家々を訪ねて、かごのものを売り歩く行商人のおばあさんに変装することにしました。そして古びた服を着て、顔を変えました。これがあの美しい女王さまだと気づく人はだれもいないでしょう。

 それから彼女は森をぬけて、山のそばにある小人の小屋へやってきました。ドアをノックすると、こう大声をあげました 「レースやリボンはいりませんか! すてきなレ一スやリボンですよ!」
白雪姫は窓からのぞいて考えました 「こんな年老いた貧しい行商人のおばあさんが、私にどんな危害を加えられるというの」

 白雪姫がドアを開けると、おばあさんがかごを持って小屋の中に入ってきました。白雪姫は、コルセットをつけるため、かわいいピンクのレースを何本か選びました。
おばあさんは、新しいレースで白雪姫のコルセットを、きちんと締めてあげましょうと言いました。なにも疑わない白雪姫は、そうしてもらうことにしました。それから女王さまは、彼女をとてもかたくレースで締めつけたのです、そのため白雪姫は息ができなくなり、まるで死んだように床にたおれました。

 夕方になって小人たちがもどってくると、まるで死んだように床にたおれている、いとしい白雪姫をみつけて、みんなびっくりしてしまいました。
彼女をやさしく抱き起し、たいへんきつく締められているのを見て、その新しいレースを切ってやりました。たちまち彼女は息をふき返し、ほおはだんだん赤味がさしてきました。
小人たちは、行商人のおばあさんの話をきくと、それはまちがいなく白雪姫の邪悪なまま母だと確信しました。

 小人たちはもう一度、白雪姫に忠告しました 「十分注意するんだよ。そして、決してだれも家の中に入れてはいけないよ」

 女王さまは、森の中を急いで帰っていきました。彼女は喜びに満ちあふれていました、白雪姫は死んだものと思いこんでいて、今では自分が一番美しいと信じていたからです。
彼女は宮殿に帰るとすぐに変装を取り、鏡の前に立って聞きました。
「壁の鏡よ、鏡、この国じゅうの女性の中で、だれが一番美しいかね」
鏡の答えたことを聞いて、女王さまがどんなに怒ったか、もう想像できるでしょう。鏡はこう答えたのです、
「女王さま、あなたは非常にお美しい、でも、私は真実を告げなければなりません、そしてあえて申します、白雪姫はまだ死なないで生きています、はるか丘をこえたところの小さな家で。そして女王さま、あなたはたしかに美しいが、この子の持っているすばらしい美しさが、彼女をあなた以上の美人にしているのです」

 そこで、もう一度女王さまは、どうやって白雪姫を殺すかを考えはじめました。まず、毒のついたくしを用意しました。次に、まったくちがう行商人のおばさんに変装すると、新しい売りものをかごにいっぱい入れました。
再び彼女は森をぬけて、山の斜面にある小人の小屋にやってきました。
ドアをノックすると、こう大声をはりあげました。「お買い得品ですよ! かわいい小物はいりませんか!」
白雪姫は窓から顔を出しました。「あなたを入れてあげられないわ」 彼女は言いました「だれにもドアを開けないと、小人たちと約束したんですもの」

 「かまいませんよ! 見るだけならいいでしょう」 女王さまはこう言うと、きれいなくしをさし出しました。それがとてもきれいだったので、白雪姫は我慢できなくなり、行商人のおばさんにドアを開けてしまいました。

 おばさんは言いました。「私がきちんと、くしでとかしてあげましょうね」 白雪姫はそうしてもらうことにして、いすにすわりました。女王さまはそれから、白雪姫の頭にくしを鋭くさしこみました、そのために毒が彼女の血液に入りこみました。すぐに彼女は床にたおれて、死んだようになりました。
幸い、もう夕方になっていて、その後ほどなくして、7人の小人たちが帰ってきたのです。みんな、白雪姫が床にたおれているのを見て、また、まま母が来たのだと気づきました。そして、毒をぬったくしを見つけて抜き取りました。白雪姫はすぐに気がついて、なにが起ったのかを話しました。
再び小人たちは、真剣に彼女に意見しました。彼女のまま母の邪悪さを警告して、みんながいないときには絶対にだれも中へ入れないように、必死に頼みました。

 一方、女王さまは急いで森を抜けていきながら、つぶやきました 「今度こそ殺してやったわ! 今度こそあの子を殺したのよ!」
宮殿に着くとすぐ変装を取り、鏡の前に立って聞きました、
「壁の鏡よ、鏡、この国じゅうの女性の中で、だれが一番美しいかね」
前と同じように、鏡はこう答えました、
「女王さま、あなたは非常にお美しい、でも、私は真実を告げなければなりません、そしてあえて申します、白雪姫はまだ死なないで生きています、はるか丘をこえたところの小さな家で。そして女王さま、あなたはたしかに美しいが、この子の持っているすばらしい美しさが、彼女をあなた以上の美人にしているのです」
これを聞くと女王さまは足を踏みならし、怒り狂って鏡を打ちました。
「白雪姫を生かしておくものか」 彼女は誓いをたてました 「たとえ私の命を失おうとも!」

 女王さまは、三度目ともなれば、白雪姫に小屋の中に入れるよう説得するのは難しいだろうと思って、巧妙な計画をたてました。
彼女は、片方が緑色でもう片方が赤い色をした、かわいらしいりんごを取りあげました。それはあまりにもおいしそうだったので、それを見た人はだれでも食べたくなるにちがいありませんでした。それから彼女は、赤い方の側に毒を入れて、緑色の方はそのままにしておきました。
今度は、女王さまはかごをりんごでいっぱいにし、農夫の奥さんに変装しました。三たび、彼女は小人の小屋へ向い、ドアをノックしました。
「だれにもドアを開けてはいけないと言われているんです」 窓から白雪姫は言いました。
「そんなことかまいませんよ!」 農夫の奥さんは言いました。「私はただ、ここにあるりんごを片づけてしまいたいだけなんですから。さあ、このりんごをあげましょう」 と彼女は言って、白雪姫に毒入りりんごをさし出しました。

 「絶対に受けとれないわ」 白雪姫は頭を振って答えました。
農夫の奥さんは陽気に笑いました。「毒でも入っているんじゃないかと思っているんでしょう」 彼女はふざけて言いました。「ごらんなさい。これを2つに切るから半分ずつ食べましょう」 彼女はこう言うと、赤い方の半分を白雪姫にわたして、自分は緑色の方の半分にかぶりつきました。

 白雪姫は、とても食欲をそそるような赤い半分のりんごを食べたくて仕方がありませんでした。そして、農夫の奥さんがうれしそうに半分のりんごを食べているのを見ると、自分ももう一方の半分を食べてもなんともないだろうと思ったのです。そこで、赤い半分のりんごを取ると、一□食べました。彼女がそうしたとたん、たおれて死んでしまいました。
女王さまは恐ろしい笑い声をあげて叫びました 「今度こそ、小人たちはおまえを生き返らせることはできないだろう!」

 それから女王さまは宮殿に帰って、鏡に聞きました、
「壁の鏡よ、鏡、この国じゅうの女性の中で、だれが一番美しいかね」
と言うと、鏡はやっとこう答えたのです、
「女王さま、あなたが一番お美しい!」
こうして、嫉妬深い女王さまは、ついに満足することができました。
夕方になって小人たちが家に帰ってくると、床の上には白雪姫がたおれて息絶えていました。それでもみんなは、彼女を生き返らせることができるのではないかと願っていました。彼女のコルセットをゆるめたり、髪をとかしたり、顔を洗ってやったりしましたが、どうして死んだのかわかりませんでした。
小人たちは悲嘆にくれていました。みんな彼女のまわりに立つと、「私たちの美しい白雪姫は死んでしまったんだ!」 と言って泣きました。三日三晩、彼女のまわりに立って悲しんでいました。

 三日目がすぎると、いとしい白雪姫を埋めてやらなければならないことが、小人たちにはわかっていました。それでもみんなには、そんなことはとてもできませんでした、というのは、彼女がまるで、まだ生きているように見えたからです。
そこで、彼女を見られるようにと、ガラスのひつぎを作ってもらいました。横には金文字で、彼女の名は白雪姫で、王さまの娘であると書きました。小人たちはガラスのひつぎを山の頂上に持っていきました。そして、昼も夜も交替で、ひつぎのそばにすわっていました。
そこで白雪姫は、まるで生きて眠っているかのように横たわり、肌は雪のように白く、ほおは血のように赤く、髪は黒たんのように黒いままでした。鳥たちでさえも飛んできて、彼女が静かに横たわっているのを見て悲しみました。

 何年もの間、白雪姫はガラスのひつぎの中に横たわっていましたが、それでもなお、生きていてただ眠っているだけのように見えました。
ある日、1人の王さまの息子が、たまたま山の頂上でガラスのひつぎを見つけました。彼は、中にいる美しい少女から目を離すことができませんでした。そして、見つめているうちに、彼女を好きになってしまったのです。

 「私にガラスのひつぎをください」 彼は小人に頼みました 「そうしたら、あなた方のほしいものはなんでもあげましょう」
でも、彼らはただ 「世界じゅうの金と引き替えでも、白雪姫はわたしませんよ」 と、答えるばかりでした。
王子さまはそれでも頼み続けました。「私はもう彼女なしで生きていけないのです。もし私にくださるなら、一生大切にします」 と言いました。
ついに、 小人たちは王子さまがかわいそうになってしまい、ひつぎをわたすことにしました。

 王子さまの家来たちがひつぎを山から運び下ろしているとき、木の根っこにつまづいてしまいました。ひつぎが激しく揺れたので、白雪姫ののどにつまっていた、りんごのかけらが飛び出しました。彼女は目を開けると、ひつぎのふたをあけて起き上がりました。「ここはどこ」 彼女は驚いてこう言いました。

 王子さまは彼女が生きているのを見て、大喜びしました。そして、今まで起ったことを全部話して、彼女を愛してしまったことを伝えました。
「私といっしょに父の宮殿に来てください。そして結婚しましょう」 彼がそう頼むと、白雪姫はそれに応じました。
彼女は、とても親切で、深く愛情を注いでくれた小人たちに別れを告げました。みんな、彼女と別れるのは悲しかったのですが、彼女が生きていたことを知り、また、王子さまといっしょに幸せになれることがわかって、満足していました。

 白雪姫と王子さまのための、盛大な結婚式の祝宴が用意されました。そして偶然、その祝宴に招待された人びとのなかに、白雪姫のまま母がいたのです。女王さまは、一番いい衣装を着て結婚式へ行く準備をしてから、鏡の前に立って聞きました、
「壁の鏡よ、鏡、この国じゅうの女性の中で、だれが一番美しいかね」
鏡はこう答えました、
「女王さま、あなたは非常にお美しい、でも、私は真実を告げなければなりません、そしてあえて申します、若い未来の花嫁が、あなたよりはるかに美しいのです!」
この言葉は女王さまをたいへん怒らせたので、はじめ、彼女はとても結婚式なんかに行けないと思いました。でも後になって、やはりその新しい若い女王を見ておかなくては、と思いました。もちろん、彼女は祝宴に行ったとき、それが白雪姫だと気がついたのです! 彼女は、あまりの激しい怒りにたおれてしまい、宮殿に連れもどされなければなりませんでした、そして、その後まもなく死んでしまいました。


もどる